365日のシンプルライフを見た。

モノに所有されている。じゃあモノを減らそう!モノがないって最高だね!っていう話じゃなかったところがすごくよかった。

某私の家には〜シリーズだと、物を減らして上質なものだけを少し買って長く使うみたいなたいな枠が多い。でもこの映画はフィンランドが舞台なこともあってもともと持っている物たちがすごく上質(ちゃんと作られているもの)。食器とかもほぼ全部アラビアだし、コートも多分良い物。それらを所有していても尚「心は空っぽだった」とあったから、これは全然違う話だと思う。

祖母の家を引き払う際の「僕は何ももらえないよ」という言葉が忘れられない。

 

365日のシンプルライフ [DVD] ビクターエンタテインメント https://www.amazon.co.jp/dp/B00V4YEQ60/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_cY3sybXA23MAP